料理・レシピ

無農薬レモンを収穫してレモンシロップ作り♪【レシピ・作り方】

12月になり、お庭で育てているレモンも黄色く色付いてきました!

しっかり色付いたレモンを収穫して、レモンシロップを仕込みました。

レモンシロップは、お湯に溶かしてホットレモンにしたり、炭酸水と混ぜてレモネードにしたり♪

昨年初めて作ったのですが、すごく美味しかったので、今年も絶対に作ろうと決めていました。

▼お庭で育てているレモンについてはこちら

超簡単!レモンシロップの作り方

作り方はとっても簡単!

レモンをスライスして、保存ビンにレモンと砂糖を交互に詰めていくだけ。1週間経ったら完成です。

レモンと砂糖の分量は、1:1の割合

砂糖の代わりに蜂蜜を使っても良いですし、砂糖と蜂蜜の両方使っても大丈夫です。

私は、キビ砂糖と蜂蜜で仕込みました。砂糖は、グラニュー糖でも上白糖でもOK。

皮ごと使いたいので、無農薬の国産レモンを使いましょう。

今回、お庭で育てているレモンを4つ収穫して使いました。ヘタを切り落としたレモン4つの重さが600gだったので、砂糖と蜂蜜も、レモンと同量の合計600g使います。

レモンシロップの材料・レシピ

レモンシロップの材料

  • 無農薬レモン
  • レモンと同量の砂糖または蜂蜜(砂糖+蜂蜜もOK)
  • はかり(レモンと砂糖の重さを量るため)
  • 保存ビン

レモンシロップの作り方

  • レモンはよく洗い、キッチンペーパーなどで水気を拭いておく。
  • レモン両側のヘタを切り落とし、重さを量る。→レモンと同量の砂糖(蜂蜜)を使います。
  • レモンを適当な薄さにスライス
  • 保存ビンに、レモン・砂糖(蜂蜜)を交互に入れていく。
  • 冷暗所に保管して1週間で出来上がり!(出来上がるまでは、1日1回ビンをゆすって下さい。)

砂糖の量はあらかじめ量っておいてもいいのですが、面倒くさがりの私はビンを量りに乗せて、重量を量りながら詰めました。

私の場合、レモンが600gだったので、砂糖と蜂蜜も600g。ビンの重さを除いて合計1,200gになるように、はかりにビンを乗せたまま詰めていきました。

砂糖が馴染みやすいように、レモンと砂糖は交互に詰めます。蜂蜜は液状なので最後に加えても大丈夫。

詰め終わったら、冷暗所に保管します。1日1回程度、レモンと砂糖を馴染ませるようにビンをゆすって下さい。どんどん水分が出てきて、1週間でレモンシロップの完成です。

仕込んだ翌日のレモンシロップ。
キビ砂糖を使ったので色が濃いです。

1週間経ってレモンシロップが完成したら、私は念のため冷蔵庫で保存しています。

レモンシロップの使い方

我が家では、レモンシロップをお水やお湯、炭酸水に溶かして飲むことが多いです。すごくおいしいので、家族みんな毎日飲んでしまいます。

ヨーグルトに入れてもおいしいですよ。

スライスしたレモンもそのまま食べられます。子供達は、苦いと言って皮だけ残しますが、私は皮の苦味が好きでまるごと食べてます♪

マフィンやパウンドケーキの飾りに使っても映えますよ!

面倒な処理等もなく、本当に簡単に作れるので、ぜひ作ってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です